フォト

« 日本の歴史的カメラ 私感 | トップページ | とうもろこしの疑問 »

2011/11/01

趣味の園芸

私が借りている畑は、標高600メートルくらいの高地にあるので

11月に入ると、農作物は育ちません。

なので、今年はそのほとんどの面積にニンニクを植えて

来春まで放置状態にします。

その畑に植えた大根は、明後日全部収穫します。

気候が独特なので、8月〜10月、この畑では異常に野菜がよく育ちます。

涼しい上に、雨量もそこそこあるので。


こういう特殊なところなので

今回、おもしろい事を考えてみた。


5月にタマネギ苗を植えて、8月とか9月に収穫できないものだろうか。


5月初旬まで霜が降りる可能性があるので

野菜苗はほとんどなにも植えられません。

やりはじめた頃、4月28日に約10,000円分の苗植えて全滅させたことあります。 笑


なので、スタートは5月中旬になる。

ただし、もともと気温は上がらないところなので夏野菜にはそもそも向かない。

いろいろ思考錯誤しましまたが

本来、その時期にないものにチャレンジしたらどうだろうか

の考え方に至りました。


今植えているニンニクは、おそらく6月上旬に収穫予定。

そこから土をつくり直して6月下旬に植えられるもの。

3月くらいから自宅で温室状態にしたプランターのなかで

極早生タイプのタマネギのタネから苗を育てて

6月下旬の植えごろになった時点で

定植を試みる。


そこから9月までで育たないだろうか。

素人ならではの考えが頭をよぎる。

おもしろい。

趣味の園芸

« 日本の歴史的カメラ 私感 | トップページ | とうもろこしの疑問 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本の歴史的カメラ 私感 | トップページ | とうもろこしの疑問 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Link mylist