フォト

« だいこん収穫 | トップページ | 昨日、みつけた本 »

2011/10/31

少し面白い話

最近は手書きで書類をつくるということなどなく

ほとんどをパソコン入力で対応。

そのPCでの作業時につい、ぷっと笑ってしまう事。

漢字変換時。


たとえば


★「うえに」と入力すると

私のPCでは、「植えに」が先にでてくる。

上昇を示す「上に」が第一候補としてでてこない。


★「せいちょう」と入力すると

「生長」が先にでる。この生長は、植物の生長を示すときに使う漢字。

企業やメンバーが成長するというときに、なぜかこの生長がでてくる。


★「たいひ」と入力すると

「堆肥」がでる。普通、仕事で使っているパソコンでは「対比」でしょうに。

まあここまでは、当たり前的な話。

ここからが本番。

多少、シモの要素あり。イヤな人はここで他に退避してください。


「くり」と入力すると

普通は「栗」が第一候補、なのに私のPCではなぜかカタカナで「クリ」がでる。

イントネーションの違いはさすがにでないが。 笑


「くん」と入力すると

変換キーを押す前にオススメとして「クン●リ●グ●」が

表示される。

さすがにこれはやばい。

人前で文字入力ができない。

だって「まつもとくん」と入力すると

「松本クン●リ●グ●」

と変換されてしまう。


たぶん、過去に一度PCのなかにあるファイルに対して、言葉をすべて学習させて辞書を作成する事を実施したときにひろったものだと思います。

まあそんな言葉を含むファイルがPCのなかにあること自体が問題ですけど。

今度、辞書の登録を全部見直そう。

こんな辞書ではおちおち人に入力を任せられません。 笑

« だいこん収穫 | トップページ | 昨日、みつけた本 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ふっふっふ。
僕のケータイの予測変換も負けてませんよ。

shuさん

ケータイですか。それだと、その変換を積極的に使用しているということですね。ニヤリっ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« だいこん収穫 | トップページ | 昨日、みつけた本 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Link mylist