フォト

« あいかわらず | トップページ | ブーケトスは人権侵害なのか »

2010/08/02

現場は冷静な判断はできない

県防災ヘリの墜落事故現場を取材するため
入山した日本テレビの記者とカメラマンの2人が
死亡した事故がとりあげられています。

亡くなった方のご冥福をお祈りいたします。

これって、地上からの事故現場絵をどこがいち早く
撮ってオンエアするかで競争されていたんでしょうか。

報道の山岳関係の方ですから
それなりの知識と経験、そして準備もされていたことと思います。

ただ現場で冷静な判断ができる方がいたのでしょうか。
お二人のガッツだけが先行してしまい
ゴーのサインが出されてしまったのではないでしょうか。


私が写真の世界をめざしていた頃
豊田商事の金の事件で、現場にいたカメラマンが
目の前で起こっている惨劇に対して
なにもできなかったのをみて
「報道カメラマン」はありえないと思いました。
その現場でどれだけ人道的な判断ができるのか。
私にはムリだと感じてしまいました。


今回の事故も、おそらく使命感をもってのゴーだったと思います。

現場にはたぶん「ゴー」の空気しかなかったんでしょう。

でもここで冷静に判断できるなにかが働くしくみをつくれないのでしょうか。

« あいかわらず | トップページ | ブーケトスは人権侵害なのか »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

多忙でニュース見れてませんが。

現場の雰囲気ってありますよね。確かに。
使命感や、「男」が出てしまう場面もよくありますし。

海も山も無事に帰ってくるのも父ちゃんの仕事。
ご冥福をお祈りいたします。

shuさん

いつも大変な現場でお疲れ様です。

そうなんですよね、現場だとコントロールがきかない力が働いてしまいます。
どうぞ、欲にはしって真鯛、メジナ、石鯛をおいかけて流されませぬように。

亡くなった方に、ご冥福をお祈りいたします。

仕事に対して、それだけの情熱を傾けられる事に、
少しうらやましい気もしますが、
残された家族の方を思うと、心が痛みます。

ちょっと会社側の会見が冷たく感じたのですが、
手ぶらで帰ったとき、よく無事に帰ったと、ほめられたのでしょうか。

hosoさん

テレビ局の山岳部はある意味、特殊な領域ですからね。
できて当たり前、撮ってきて当たり前になっているんでしょう、

一人の方の葬儀が

築地本願寺で営まれたということですから
きっと日本テレビグループの最善のフォローがあったのでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あいかわらず | トップページ | ブーケトスは人権侵害なのか »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Link mylist