フォト

« 九州 歴史を巡る旅 その4 | トップページ | 九州 歴史を巡る旅 その6 »

2010/01/04

九州 歴史を巡る旅 その5

12月29日

金立SAで目覚め

同駐車場に止まっているトラベラーアスクLさんが気になる。

トイレにいった帰り、みると出てきていらっしゃる。

「おはようございます」

軽く挨拶。

私と同様、島根に向かって帰られている途中らしい。


今日は福岡市内観光というか、ショッピング。

昼は学生の頃からよくいく北京料理福寿飯店に行く予定。


ということで一路、中州川端付近を目指してクルマを走らせた。

都市高速経由で降りるともうそこは祇園町。

さすが福岡。

100円パーキングがやまほどある。

おまけに高さ制限のないところも多い。

早速とめて


まずは地下鉄に乗る。

娘にとってははじめての経験。

地下に電車がはしっているなんて。


となりの駅、天神で下車。

福岡で一番賑やかなところを歩く。

ビブレ、イムズ、大丸

そこから歩きで

キャナルシティを目指す


もう一回地下鉄に乗ってみたいという娘の要望に応え

今度は福岡空港まで乗ってみる。


空港につくと、屋上の展望コーナーへ。

元気のないJAL機も

ANA機も

山ほどいる。

ここで娘がいきなり

「帰る帰る」

といい出した。

聞けば、飛行機が離陸するときのエンジン爆音が嫌いみたい。

怖いらしい。

おいおい。

でも空港での観察なんてめったにできないので

屋内の静かなところからみる。


昼もだいぶん回って

おなかもぺこぺこ。

ってことで、中州川端まで帰って

昼予定の北京料理福寿飯店へ。


ここでハプニング。

なんとぉ、閉まっている。

年末ということでもう休みに入っている。

残念。


もう三人ともおなかぺこぺこなのでそのまま一番近くのうどんやに入る。

ここがなかなか美味。

博多のうどんらしいうどんでした。

クルマに乗り

いよいよ実家のある広島県福山に向かって帰り始める。

途中、夕方の門司港レトロにでもよろうかと思ったが

後ろの二人は市内観光で歩き疲れて

へろへろモード。

なので、そのまま本州に渡り

小月ICで降り

道の駅蛍街道西ノ市へ。


ここのお湯はアルカリ分が多くぬるっとする感覚が好き。

ゆったりのんびり入って疲れを癒す。

ここで泊まってもいいのだが

高速の深夜割引適用させるために

あえて高速に乗る。

佐波川SAまで走って休憩。

ここの海鮮レストランで夕食。

明日の午前中に、福山で墓参りする予定。

就寝。

その6に続く

« 九州 歴史を巡る旅 その4 | トップページ | 九州 歴史を巡る旅 その6 »

キャラバン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 九州 歴史を巡る旅 その4 | トップページ | 九州 歴史を巡る旅 その6 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Link mylist