フォト

« 九州 歴史を巡る旅 その2 | トップページ | 九州 歴史を巡る旅 その4 »

2010/01/04

九州 歴史を巡る旅 その3

12月28日

宮原上りSAを出発。

今回は常に深夜割引を適応させるために高速道路のSAやPAで車中泊。

一路、天草を目指します。

天草からフェリーで島原に渡るコース。

まずは不知火湾を左手にみながらすすみ

天草五橋の第一を通過後

天草四郎メモリアルホールに到着。

歴史的背景もあまり知らないけれど

ぜひ一度訪れてみたいという嫁のニーズにあわせました。

それなりには楽しめましたが

途中でみるプロモーションビデオがなぜ3Dである必要があるのか疑問に思う事もありました。

そこからフェリーで島原に渡る方法聞きました。

約1時間くらい走ったところにフェリー乗り場があるらしい。


途中

クルマ海老の活き販売、タコ販売の誘惑に誘われつつも

今日は「雲仙温泉」と自分にいい聞かせ

クルマを走らせました。

途中、道の駅にもよりましたが

ご多分にもれず

地のモノの販売は特になし

天草市鬼池港 到着

みると、もう既にフェリーが着岸している。

ギリギリセーフで乗り込み完了。

運転者以外に大人一人、子供一人でクルマ込みで約3,800円前後でした。

私たちが乗ったのは朽ちたボロボロのフェリーだったけど

途中ですれ違ったもう片方のフェリーはキレいだったような。

おりからの強風のせいか、若干揺れました。

ちょうど航路にあたるまんなかのあたりでは

漁船が操業中。手釣りやっていました。

雰囲気からすると真鯛狙いかなあ。


島原口之津港につくと、そこから一気に雲仙まで山登り。

途中、せまいところもありましたが

なんとか小浜からあがる道に合流。

このあたりから道の脇に「雪」発見。

雲仙温泉入り口あたりでは道路にも雪がありました。

昼まっただ中だったので凍結はしていませんでしたが

朝晩ならやばかったかも。


ということで、お目当ての「雲仙小地獄温泉」到着。

以前にも訪れましたが

白濁のムトーハップのような香り。

広いほうの湯船が熱い温度の設定で

狭いほうが温めの設定。

約1時間味わいました。


温泉からあがり

次はどこいくって話しになり

「今からなら長崎市内観光できるかも」

ってことで一路長崎へ。 

その4に続く

« 九州 歴史を巡る旅 その2 | トップページ | 九州 歴史を巡る旅 その4 »

キャラバン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 九州 歴史を巡る旅 その2 | トップページ | 九州 歴史を巡る旅 その4 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Link mylist