フォト

« このクルマをベースに | トップページ | 検査 »

2009/11/12

第34回エリザベス女王杯

今週末の競馬

ここから数週間、G1開催が続きます。

今年もお遊びでやろうと思います。

去年のこのレース、3枠5番で出走したポルトフィーノ号を狙っていましたが

スタート直後、鞍上の武豊さん落馬。

馬はから馬でもゴールまで走りきった。

もちろん除外ですが。

あれから一年、武豊さん、あの事故以来成績が冴えません。


今年、狙うのは「ミクロコスモス号」角居厩舎。

鞍上武豊。

出走権利まだ確定していませんが、本日14時発表です。

が、ほぼ確実に出走。

ここを回避する馬や引退する馬がでて辛うじて滑り込みセーフの出走。ラッキー1

武豊さん、ホントは他の馬に乗る予定になってたけどその馬が引退で、鞍上武豊。ラッキー2

馬主サンデーレーシング生産者ノーザンファーム、悪夢のポルトフィーノ号と同じ因縁。

武さん得意の京都での追い込み。

あるとすれば、スキができた瞬間。


スタートが悪いこの馬だから今回も終い一辺倒。

武、角居ラインで実力、実績以上に人気するでしょうからたぶん6~8番人気。

無欲のレース展開で最後の直線勝負に賭ける。

早めに仕掛けて大外回ってあがっていけばロスが多いので

内らち沿いの経済コースでためてためてのって

直線で前があく瞬間にいい足を使う


まあ前があかない展開ならばそれまで。


でも悪夢の因縁、3枠5番にミクロコスモス号が入る事があれば

武豊さん復活ののろしサインとみて

ドーンっと勝負しようと思います。


まあ今回はブエナもブロードもみんな最後の直線にかけた勝負しますから

展開がみかたしてくれない限り

ミクロコスモス号、着順掲示板にのれないぐらいという感じ。


だけど、ミクロコスモス号、デビュー以来買い続けています。

「愛」ですから。


はまって当たれば

ヨーロッパのモーターホーム買えるぐらいのところで今回勝負します。

« このクルマをベースに | トップページ | 検査 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« このクルマをベースに | トップページ | 検査 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Link mylist