フォト

« 新型インフルエンザのワクチン | トップページ | とうがらし »

2009/09/07

イタい話 爆

昨日の夜、な〜んにもすることなくってテレビみていたら

一週間前に収穫して干しているとうがらしの事が気になりました。

いい感じに乾燥が進んでいるのですが

「中のタネを今の段階からとっておけばいいかも」

なんてこと考えました。

料理に使う際、中のタネをとります。

あの作業、結構煩わしい、ならば今のうちからとっておけば

ってことで、作業開始。

もともととうがらしは一本しか植えていなかったのでたいした量ではありません。

鋏で裂いて中のタネをポロポロと分離させる。

テレビ見ながらでも約30分で終了。

ホントに辛さがでているかなあなんて半信半疑になったりして


まあ、とうがらし扱ったので手を洗っておこう

と、手をさっと水で流しました。ここが間違いのはじまりだった。

そのあとトイレにいきたくなって

「我がせがれ」を出して小水を放出。

そのあとリビングにかえってソファーに腰掛けているとなにやら

いわゆる「たま袋」が熱いというか、ヒリヒリするというか

最初は「ああとうがらしが手に残ってたんだ、まあいいか」

そのうち、袋と太ももが接触しているあたりに火がついたかのような熱さが走り始めました。

うったまらん、熱い、熱過ぎる。

イタい、ひりひりする

額から汗

その汗を額からぬぐうために手を額やまぶたあたりへ。

これがまたいけなかった。

今度はまぶたあたりがヒリヒリモード。


これってやばくない

さすがの私も悶絶しながら、一階の洗面所へ。

まずは我がせがれとたま袋を取り出し、洗面台のわきにのせ

シャワー

ちょっとかけると落ちてなおるや

なんて中途半端なことしたのが余計にまずかった

一瞬、楽になったと思ったら今度は太ももあたりまでその熱さが拡大

顔面も全体に広がった

悶絶する私

さすがに所が所だけに恥ずかしくって騒げない

嫁だけならいいけど、今、嫁のお母さんが泊まりに来ている

さすがに観念して、風呂まではいながら、いわゆる匍匐前進といった感じでなんとか到着


裸になりシャワー

これで楽になれると思い、浴びていると

なんと普通のお湯を浴びているととんでもなくヒリヒリしはじめた。

水温を30度に設定。

しばらく放心状態でその水を全身に浴び

せがれも、丁寧に袋を伸ばし裏まで丁寧に水をかけて冷却。

その姿はまるで「スケベ椅子」なしで中腰になり

自分で自分にファッションヘルスサービスをしているような絵

顔面もなんとか冷えてきた。

とうがらしをなめちゃいかんぜよ

まあなめる人はいないと思うけど、扱ったときの手も一枚皮をはがすくらいによく洗わないといっぱい残っています。

それにしても今回はたま袋のほうだけで済んだのでよかったけど

亀の頭のほうだったら

とんでもないことになっているかも。

今回は難を逃れたものの考えただけでぞっとします。


20090907_061545


« 新型インフルエンザのワクチン | トップページ | とうがらし »

食事」カテゴリの記事

コメント

クソ笑たっす(爆)(爆)(爆)

いやぁ~。今年のぶっちぎり第一位でしょう(爆)

いやいや。笑ったなぁ。構成力が素晴らしかったです(爆)

shuさん

ありがとうございます。

実はまだ多少残っていてヒリヒリするっすぅ。

自分でもこれ端からみてると滑稽だろうなあと思いつつ

朝一でブログにあげようとする自分もいたりして。

改めて熟読しましたが(笑)、あと5回くらいは反芻できますね(爆)
いやぁ、もったいない。
どっかでノミネートされそうな完成度。なんというクオリティ。

亀がご無事でなによりですぅ(爆)

shuさん

ありがとうございます。繰り返し読んで頂けるなんてとても光栄です。 笑

ええ、亀は元気なので一安心。
いや~変なつつき方していたら一大事でした。

でも今でも顔はひりひりするぐらいなんですよ。

超セクハラで、うちの女子メンバーにもすすめてみました。きっと飛び上がるはずなのですが。 爆

ぎゃはは
いいですね!セクハラ!
セクハラは社会の潤滑油です

shuさん

昔、「セクハラ大魔王」の異名もってました。

今は訴えられると困るのでなりをひそめていますが、元はエロ親父です。 爆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新型インフルエンザのワクチン | トップページ | とうがらし »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Link mylist