フォト

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月の9件の投稿

2008/01/16

淡路島4

お香の製造工場見学と体験をさせてもらいに薫寿堂さんにいきました。
ナビに入力して向かいました。
駐車場ありって書いてあったのでそれなりの駐車場を想像したのですが、工場までいくと数台の普通車用ぐらいのスペース。うちのアスクを止めると道まで頭がでてしまいそうだったので一度通り過ぎました。で、もう一度みてみましたがどうみても入りそうにない。

近くにクルマを止め薫寿堂さんに電話。工場の敷地に入ってもらってよいとのことで一件落着。あたたかく迎えてもらいました。
工場見学。
あの細い線香ができあがる工程を見学。
緑色が普通だと思っていたらホントに色をつけないものは独特の色をしていました。

その後、「香をつくる体験」。家族三人それぞれにやりました。
娘は粘土遊びと勘違いしたみたい。

その後、一路「あわじ花さじき」へ。
途中、「パルシェ香りの湯」の案内発見。
昨日、高速道路から見えた長いすべり台があるところだとわかりました。立ち寄ろうと山をのぼって行きました。途中、ため池をたくさん発見。そうか、島だから雨水をためる池で水を確保しなきゃいけないんだ、農作物用にはかかせないんだということがわかりました。
「パルシェ香りの湯」についたのですが、なんとなく寂しい感じ。
今までの経験からこういう感じをなんとなく受けるときは結果もあまりいいものではないのでそのままクルマを降りずに退散。

途中、ホントに道があっているのかなあと不安になりながらも「あわじ花さじき」に到着。ほとんど花は咲いていませんが、その雄大な景色が圧巻。大パノラマでした。花があるときにきたらすごいでしょうね。
空気がおいしく感じられました。

しばらく散策を楽しんだあと、クルマに乗り込んで一気に下山。
再度、北淡から東側の海岸線を南下。途中、植物公園を散策したら道の駅によったりして。

娘は明日から普通に通園なので疲れさせてはいけないと思い、15時には淡路島をあとにしました。
普通ならそのまま明石大橋を渡って、山陽自動車道経由で帰るのですが、なぜか下道を帰りたくなって、第二神明へ。例の日本標準時間の看板の下をくぐって、そのまま西へ。結局、姫路岡山を通り過ぎて、早島ICから高速に乗って帰りました。

走行距離 2日間で880キロ。Imga0265


Imga0289


P1000438


淡路島3

淡路SAであたりが明るくなって起床。
朝ご飯をすませました。私はソースカツ丼。ファーストフードですがおいしかった。

で、みてみると下りのSAにもここからそのままアクセスできることやハイウェイオアシスにもアクセスできることをここではじめて知りました。
ということで下りのSAに移動。

観覧車がある!!!

でも営業時間は9時から。残念。昨日の夜気づいていれば、乗れたのに。

娘はSAの外でおおはしゃぎ。安全なところで走り回りました。

8時20分出発。
ちりめんをつくるための干し台??をちょくちょくみながら。
今日は西側の海岸線を走って震災記念館へ。

風力発電の風車が間近に見られました。
9時開館と同時に入館。
活断層をみながら地震の恐ろしさを感じました。
地震の揺れを体感するところでは実際に体験。娘はどんなものかも知らずにのっていたせいか実際に揺れはじめるとおびえていました。
3枚目の写真はその直後の顔。
「じしんってこわい」

家族三人、揃ってこうして遊んでいることの「普通の喜び」をあらためて実感しました。

我が家の地震対策を本気で考えようと思いました。

ここを出て、今日は「香をつくる体験」そして淡路島を一望する場所に向かいます。P1000425


P1000432


Imga0251


淡路島2

たこせんべいの里へ

せんべいの工場見学が目的。
ものすごい数の客。観光バスまでいっぱい。お店のなかに入るとこれまたすごい数。無料の試食があるのでみんな食べ歩いている。無料のコーヒーまであって。

大袋でだいたい500円前後。これまたヤマのように買っている。
ここでお客のおばさんたちの会話が耳に入る。
「やっぱりここらは鮹が有名だからおいしいねえ。いっぱい買って帰ろうや」
おいおい、明石鮹なんかこのせんべいには入ってねえぞって思ったけど。

そんな野暮なことはいいっこなし。試食で食べまくりました。我が子もほおばっている。4袋購入。ただのせんべいだけど、なんとなくわくわくして楽しい。

一路、北淡へ。
高速道路にのり、淡路SAへ。明石大橋を見物。

時間は16時。
そろそろお風呂にはいろうっと。
「美湯 松帆の郷」へ
明石大橋をみながら入れるというのが魅力。メイン道路からの入り口が狭いのでどうかなあと思いながらクルマを昇らせる。見はらしのよい高台にありました。

混んでいる様子なので芋を洗う感じかなあと思いながら。
結構広くて快適でした。露天にでると大橋を一望。ゆっくり入りました。
外は風が冷たくて、頭だけ冷やしつつ長風呂。

風呂から出て食事しようということになりました。そこでそのまま食べようかとも思いましたがせっかく遠路きたのでもう少し散策しようということになり、クルマを走らせました。

近くに道の駅を発見。ここで食べようかと思いましたがなんとなくさびしそうだったので通過。東側の海岸線を南下。
結局いいところが見つからず、東浦ICから再度高速道路にのり、もう一度淡路SAにはいって食事。就寝。

上下のSAが行き来できることをここで知っていれば観覧車に乗れたのに。Imga0196


Imga0203


Imga0211


淡路島1

朝7時30分出発。廿日市ICから高速にのり、尾道ICで一度降りてETCカードを差し替えました。今日は瀬戸大橋経由、香川徳島を通り越して一路淡路島へ。

瀬戸大橋にのる前に通勤割引を確実に適用するために早島ICでまた降りました。
ここで失敗。そのままUターンして高速に戻ろうとするとなんと山陽自動車道にしか入れませんでした。瀬戸中央道に入らねばならないのに。というわけで倉敷まで一度戻ってそこからUターン。

いつもなら与島によりますが今日はあわただしく淡路島へ向かいます。

鳴門大橋は横風が強風。あまりにもハンドルがとられるので70キロ巡航しました。

西淡三原で降りて、まずは最初の目的地「淡路牧場」へ。
観光用牧場で、乳搾り・ミルクやり・バターづくりが体験できます。

ミルクやりを体験させてやっていると、ここでハプニング。
仔牛がほ乳瓶をひっぱって、なんと持っていかれてしまいました。
娘、大喜び。

牛を見ながら、ゲストハウスのなかで昼食。
メニューは焼き肉でバーベキュ。窓越しに牛がいるなかでの焼き肉はなんとも複雑な気持ち。でもおいしかった。

そこから洲本市を目指します。
いつもお魚を購入させてもらっている魚の仲買をやられている人がいる町。
なにも連絡せずおしのびで洲本にいきました。
どんなところかなあ。思っていたより町でした。
由良港も見物。いいところでした。
ここからいつもお魚が届いているんだと思いながら海岸をみてまわりました。

さあ次の観光です。


P1000387


P1000354


P1000360


2008/01/09

コーヒーの香り

私は毎朝、コーヒーを飲むという習慣はありませんでした。

でも今から8年前、今の家に住み始めた時に、ダイニングにコーヒーの香りが
立ちこめる朝に憧れてコーヒーメーカーを買いました。
でも飲む習慣が私にはそれが長続きせず、いつのまにか冷蔵庫の上にカバーを
かけて置いてしまっていました。

コーヒーを飲む習慣が血糖値を下げる効果がある、という怪しげな記事を最近
見つけ、ホコリかぶったコーヒーメーカーを出して洗って、また使い始めまし
た。

8年ぶりです。

朝陽が昇る頃にはすでに出勤しているので、さんさんと輝く朝陽のなかでの
コーヒータイムは8年ぶりに経験するのはもう少し先になりそうです。

今度、キャンピングカーでのキャラバンのときもやってみようかなあ。
でもうちの嫁はコーヒーを飲みません。
私のためだけにフィルター使って、なおかつコーヒーメーカーの各部位を
毎日洗うのって大変だと思います。

2008/01/07

湯豆腐に似た感触

連日の携帯電話ネタですが

手触り感触、癖になりそうです。
ホントに持った感じが一週間ぐらい使った石けんの感じ。特に角のアールの部分がなんとも優しい感触。見た目から受ける印象そのもの。

もしかすると、今後はこんな五感に訴える商品が売れるのかも。
機能てんこもりで「どうだっ!!」って感じのデザインの携帯電話が多いなかで
ポケットに手に入れた瞬間に感じる優しい手触りを重視しています。競争優位性として成り立ちそうな感じ。

富士通はもともとこういった部分の商品開発は得意です。他のメーカーが突っ込めない領域をきっちり自分たちのフィールドにできている感じ。

しばらくの間、この感触を味わってみようと思います。

久々のお仕事で今日は少し疲れました。
絹豆腐で湯豆腐にして、上品なポン酢で頂きたい、そんな感じです。
血糖値が高いので、お粥は私には毒です。002


2008/01/06

1週間くらい使った石けん

Yo_raku04

先日、携帯電話を紛失してしまったので携帯電話を買い換えました。

その携帯電話のデザインコンセプトがこれ

1週間くらい使った石けん

手に持った感じがなんともいえないいい感じ。やさしい手触り。
NTT DoCoMo F883i

panasonic一辺倒の私がちょっと浮気しました。

この携帯、なにも機能がありません。
通話とメールだけ。

当たり前になっているカメラ機能もなし。
おさいふケータイ機能もなし。
ワンセグ機能なんてものも当然なし。
iアプリ機能もなし。
な〜にもなし。

以前なくす前に使っていた携帯電話はいわゆる「全部入り」。
今度のはな〜にもついていない。

原点に戻ってみようと思いました。
本音は
次に発売される超高機能携帯電話までのつなぎ。
それまでの間、なんにも機能がない携帯電話を体感してみようという思い。

手触りがいい携帯電話っていうのもなかなかいいですよ。
ポケットのなかに安心感があるような感じ。

ショップではじめてお金払わなくていい携帯電話、買いました。

2008/01/05

携帯電話を紛失してしまいました

いまどきの携帯電話を紛失すると大変です。
身をもって知りましたので紹介しておきますね。

手元にない事に気づき、探し始めたのが紛失した時点から5時間後。
探しても見あたらない。
自分の携帯電話へかけて、着信音をならして調べようとするものの
「電波の届かないところにいらっしゃるか電源が入っていないためかかりません」
のコール。

たしか電源は入れていたはず。
ここで焦る。
なにものかによって電源を落とされた可能性があるということ。

GPSで25メートル範囲内ぐらいの精度で検索可能なのですが電源が落ちてしまっていてはどうにもならない。

DoCoMoに電話。
まずは電話回線、imode使用中断をお願いする。
そのままDCMXクレジットに関しても使用停止の処理を行う。
内部に残ったデータを使えなくするためのおまかせロックを依頼する。
これは次に電源を入れられたときにICカード情報をロックさせるサービス。昨日、DoCoMoにいって新しいICカードをつくってもらうときに確認してもらったら、やはりおまかせロックが作動したとのこと。善意ある人に拾われていないことを確認。

セブンイレブンのnanacoはたぶん2,000円ぐらいチャージが残っていたと思いますが後の祭り、番号もなんにも残していないので諦めました。ポイントも800円ぐらいあったはず。
edyは、チャージ分380円ぐらいしか残っていなかった。これも飽きられました。回線が使用できないので新たにクレジットカードからチャージされる心配はなし。

P905i 48,000円、microSD 1GB 約4,000円
チャージ分のお金 約2,380円 ポイント800円
FOMAカード再発行手数料3,000円

合計58,180円

この上に、新たに携帯電話を購入するための資金が必要。

イタイ。
いつもはオークションで売って、それを買い換え資金にしています。
イタすぎる。

携帯電話を落としたつもりはないのですが、もしかすると初詣しているときにポケットからスラレタのかもしれません。
広島県新市の吉備津一宮さん
ズボンの後ろポケットに入れていたサイフは無事だったのですが。

正月ボケしていたのでしょうね。
それと雑踏のなかで娘がもみくちゃになってはいけないとそっちに気が回りすぎていたのでしょう。

しばらくの間、普通の携帯電話にしておこうと思います。
おサイフケータイと財布、両方に注意が回せなくなったことを実感。
遠隔で消去できるサービスがあるのでなんとかなっていますが
怖い怖い。

2008/01/01

明けましておめでとうございます

今年も宜しくお願いします。

メイン日記をmixiに移してしまったのでこちらがお留守になることが多くなってしまいました。
年明けからマメに更新していこうかなあと考えています。

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Link mylist