フォト

« 週末は備北丘陵公園に決まりました | トップページ | 遅すぎる »

2007/09/12

キャンプが苦手なキャンピングカー

キャンピングカーの収納力の話です。

今度のキャンプに備えて、キャンプ道具を整理して収納する事を考え始めました。

が、がーん。

トラベラーアスクって、収納力がないんです。
前に乗っていたATOMは後ろに常設ベッドがあって、そこの下に350リットルもの巨大スペースがありました。

今度のASKで、本格的なキャンプに出向くのははじめてなのですが収納力のなさに気づきました。

うちの場合、道の駅やPAを利用した長距離移動キャラバンが主体なので
気にはならないのですが、今回のようにキャンプ自体を楽しもうとするときには少し困ったクルマです。

いってみれば

「キャンプが苦手なキャンピングカー」

はっはっは、その通り。
でも収納力より居住性を優先させていますから

そんなの関係ねぇ〜
オッパッピー

最近、うちの子供がはまってしまいました。

« 週末は備北丘陵公園に決まりました | トップページ | 遅すぎる »

キャンピングカー」カテゴリの記事

コメント

 キャンプの語源は「仮の宿」

 一地での長期キャンプも、キャラバンでの車中泊も同じと考えてます。
 ただし、純粋に野外キャンプを楽しむには必然的に道具も多くなりますね。

サンタ爺さん コメントありがとうございます。

どこかでキャンプするとなると、あれもしたいこれもしたいと
道具がどんどん増えてしまいます。それはそれで楽しいのですが
荷物がヤマのようになるのも困ったものですね。
荷物を居住空間に置くと、居住性が著しく悪くなってしまい
現地についたらソレーとばかりに外に展開して、やっと快適になったりして。

ボクはキャンピングカーをキャンプツールと思っていません。
名前がキャンプを連想させますがモーターホーム感覚ですね。
「飯盒で御飯炊いたりするの?」などと聞かれて苦笑します。
「炊飯器で炊いたり電子レンジでチン。食洗器もあるよ」などと答えて驚かせたりしてます。
数台揃うと外で過ごすのでキャンプ風のアウトドアですが平素は旅のツール。
「お父さんの動く城」とか「どこでもドア」などと呼んでいます。

キャンプ場も本来の(ボクの?)キャンプ感覚とは違うところが多くてキャンピングカーでは利用しません。
予約してイン・アウトの時間を気にし食事の準備と片付けに終始するような…
進入路やサイトが狭くて入れないところもありますね。

キャンプは山奥にテントでやりたい。
荷物の一杯積める4WDのアストロを河原などのキャンプ用においてあるのですが、これからはジムニーがさらに奥地で活躍しそうです。

884さん コメントありがとうございます。

モーターホームという考え方ですね。
私もキャンプ用という意識はあまりなく、移動用ツールでなおかつ
寝泊まりできるものという感じです。
キャンプサイトの利用は、時間的にも制限が多いためあまり利用
しないのですが、移動をしない遊びでは活用しています。

 うちのアストロタイガーも外部収納が無いので、イスやテーブルを積むときは、リヤにヒッチキャリアをつけて積んでます。
 でも、いつもは車中泊なのであまり使う機会がありません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キャンプが苦手なキャンピングカー:

« 週末は備北丘陵公園に決まりました | トップページ | 遅すぎる »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Link mylist