フォト

« 標準空気圧 | トップページ | 給排水の話 »

2007/09/26

回転寿司の話

久々に「食事」に関する書き込みです。

回る寿司についてですが、最近はまっています。

あぶり--炙り

回転寿司に求めるものは安さ、手軽さ、おもしろさ。

好きなものは、サーモン。

あのタマネギをスライスしたものを乗せてマヨネーズかける、アレです。

それを「炙り」で指定すると、タマネギを乗せずにマヨネーズだけかけて

炙ってくれます。これがB級グルメっぽくていい感じ。

うなぎも炙りにすると香ばしさがでてきてイケます。

あとはサンマの炙り、生エビの炙り、アジの炙り。

100円寿司でも炙るとなかなかいい感じ。

炙ってもらった直後食べると、炙りの香ばしさとほんのり暖かい食感で、回転寿司にいることを忘れさせてくれます。

そういえば、私、回転寿司でマグロとかカンパチとかブリ、ハマチ、頼んだ事がありません。

「エンガワ」っていうのがありますがあれもビミョウですね。

どこにも「ヒラメの」とは書いていない。見た目からすると、アラスカかどこかの大きなカレイのものみたい。

いくらも怪しい。本当にいくら??なのって感じ。

でも楽しい。

娘がいつも食べるのは

「たまご」「うなぎ」「納豆巻き」「うなぎ」「オクラ」の5皿。枝豆とプリン。

最近は自分でカウンター越しに注文していることがあります。

回転寿司で周りをみていると人間ウォッチできておもしろいですね。

ビール頼んで大トロばかり頼む人→そんなに大トロの味がわかるんだったら回るほうじゃないところにいったほうがいいと思うけど

その大トロが水っぽかったと店員にクレームつけている人→ここは回る寿司屋ですって。

例の「エンガワ」頼んでんっ~やっぱり寿司はエンガワに限るとか言っている人→なにのエンガワかわかりませんよ。

彼女といっしょにきて彼女が「わたし、なまざかな苦手」とかいっていたら、その彼氏が「すみません、炙りで中トロお願いします、炙りでひっくりかえして両面十分に焼いて下さい」っていっている人→それならいっそのことどこかの定食屋の焼鯖定食でも食べたほうがいいのでは。

いろんな人がいますね。

« 標準空気圧 | トップページ | 給排水の話 »

食事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 回転寿司の話:

« 標準空気圧 | トップページ | 給排水の話 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Link mylist