フォト

« 対応が悪い店、良い店 | トップページ | アルカディアビレッジにも行ってきました »

2007/07/23

小瀬川ダムの見学会にいきました

またまたプチキャラバンです。

山口県と広島県の県境にある小瀬川ダムで、ダムのなかのトンネルや機械コントロール室の見学会があるということで一路目指しました。大竹の奥には細い道がいっぱいあるので、佐伯→岩倉を経由していきました。約32キロ。

着くと、私たちが一番の客みたいです。

職員の方に丁寧に出迎えていただきました。
管理棟のなかの機械コントロール室を案内してもらい、そのあと、ダムの中、せき止めているコンクリートのなかのトンネルに入らせてもらい急勾配の階段を下りました。ダムの下にある水力発電のところまでいきました。

私は42歳になりますが、ダムのなかに入るという経験はありませんでした。

ひんやりしたところでした。
ダムの真下から見た感じは結構圧倒されました。

途中、大水が出たときのお話を聞きながらの約30分間でした。

とても楽しかったですね。
みたこともないものを見る楽しさ。

今更ながらわかったこと
1 大雨などで川の水量がアップした場合でも、ダムから放水する量はその水量以下にすること
2 その調節を行うために、梅雨時期など大雨が大量に発生する可能性がある時期は意識的にダムの水量を減らしておくということ
3 水門はきれいに湾曲している構造になっていること
4 ダムの水量を管理する人がいること

機械室に、一昨年前の佐伯、岩倉あたりで発生した大雨による洪水のときのダムの様子を写した写真がありました。水量レベルがMAX近くになっていて、素人考えながら「よくもったなあ」と本気で思いました。

そして最後にもうひとつ疑問を持ちました。

ダムってコンクリートでできているのですが、ずっと水にさらされているとくちてくると思うのですがそうなった場合どうするんだろうと思ってしまいました。そこでダム管理をされている方に質問しました。返ってきた答えは

「一応、100年ぐらい持つって言われてます」

この小瀬川ダム、昭和39年に建設されたとのこと。
私の誕生年といっしょだ。
100年持つということは私より長生きするってこと。
Imga0977
Imga0975
Imga0979
Imga0987

Imga0983

« 対応が悪い店、良い店 | トップページ | アルカディアビレッジにも行ってきました »

キャラバン」カテゴリの記事

コメント

ダムの周辺にはたいていトイレのある綺麗なPなどがありますね。
ダムによって失われる自然を目にすると「ダム建設」には反対ですが作ってしまった「ダム訪問」は好きです。
まずいかな?

884さん コメントありがとうございます。

ダムの役割を理解してもらうための一環で行われた見学会だと思います。おっしゃるように自然は失われますよね。人間だけいい思いをするための施設であってはいけないですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小瀬川ダムの見学会にいきました:

« 対応が悪い店、良い店 | トップページ | アルカディアビレッジにも行ってきました »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Link mylist