フォト

« そろそろ反撃 | トップページ | 浜田マリン大橋 »

2007/06/28

殺菌洗浄やろっと

ある方のブログみていたら、水タンクの洗浄をやったとのことが載っていました。
もちろん、キャンピングカーの話ですが。

買って2ヶ月。普通に使っていましたが、そろそろうちも水タンクの殺菌洗浄しなければと思いました。
中はどんな状態なのかなあ。見てみたいけど見えない。
たしかステンレスの110リットル容量だったような話は聞いたことがあります。

ベビー用の洗浄液を入れて、しばらく走ってなかでよく攪拌??させて
ジャーと出して、また水入れてしばらく走って、を何回か繰り返せばいいのかなあ。

前に乗っていたクルマは、車内にポリタンクを積み込むタイプだったのでその都度洗っていましたが今度のはガソリンを注ぐがごとく外からドバッと入れるタイプ。楽になった分、洗浄には気をつけねばと思いました。

« そろそろ反撃 | トップページ | 浜田マリン大橋 »

キャンピングカー」カテゴリの記事

コメント

我が家では、出かけるときに清水を、キャンプ日数に応じて必要量入れ、帰宅すると出来るだけ早く、排水します。
次回の出発までには、タンクの内部は乾燥します。
今まで、このやり方でタンク掃除はしていません。
ただし、清水タンクの水は、洗面と食器洗い、
トイレなどに使用し、飲料水は、その都度小さなポリタンクで持参しています。

とりさん、コメントありがとうございます。

我が家も飲料や料理用は別にポリタンクを持っていってます。
煮沸するとはいえ、清水タンクのものを使用するのはちょっと…と思ってしまいます。
キャラバンから帰ると全部排出するのですが、それでも少しぐらい残っていて、そこから雑菌が繁殖するのではないかと心配したりもします。清水タンクは排出すると残らないように全部出てしまうように設計されていると信じてはいるのですが。

清水タンク、確かに気を使いますね。
人によってさまざまな使い方が有ります。
使用した後、すぐに水を抜くと、カルキが乾燥して白く残るので、絶えず満水状態にして、お出かけの時に一旦全排水して水を入れ替える方もおられます。
清水タンクも、構造上と車両の保管位置(傾き等)で、最後の一滴まで水を抜くのが難しく、抜けたと思っても少し残っている土岐が有ります。
最近では、家庭用浄水器を積み、清水タンクの水で調理もすべてまかなっておられる方もいらっしゃいます。
キャンカーは奥が深いですね!?
ちなみに我が家は、帰ってきたら水を全部抜き、ある程度の周期でミルトン洗浄しています。
一時、酢で洗浄という方もおられましたが、お勧めできません。

和尚さん、コメントありがとうございます。

前のクルマでポリタンクをいつも満タンにしていたら、内部の表面にぬめりのようなものがついたので、それ以来使わないときは常にからっぽにしているのですが。今のクルマになっても同じです。
ミルトン洗浄、今度やってみます。

清水タンクは飲用でなければ、水道水に元々塩素が入っているので、そんなに神経質になる必要はありません。
家庭の井戸水の給水なら話は別ですが。。。

清水タンクの清掃よりもグレータンクの清掃をお勧めします。
少し熱めの湯と洗剤を入れて走行して捨てるのが良いかと。
脂分が付着してスカム玉が育っていたりするので注意です。
もっともキャンカーのグレータンクは排水が太いですから詰まることは稀だと思いますが。。。

私のHPのDIYでメニューの下のほうにある「各種修理」に詳細載せてます(食事前は見ないほうが良いです)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 殺菌洗浄やろっと:

« そろそろ反撃 | トップページ | 浜田マリン大橋 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Link mylist