フォト

« ASKのホームページ | トップページ | キャンピングカーのマナー »

2007/06/18

小言 誰にというわけではないのですが

最近のホームセンターは、粗大ゴミ製造センターになっているのではないでしょうか。

最近はあまりメインで訴求しなくなっていますが、「冷風扇」。氷の気化熱を利用してさわやかな風を起こすとうたっていますが涼しいとはあまり感じません。売り場でデモンストレーションさせていますが、クーラーの効いた売り場で動かすので気持ちよく感じるのは当たり前。ましてや、氷を溶かして使うので氷を作る必要もあるし、溜まった水を処理する手間も増える。一昨年あたり、どこかのおばあちゃんが買ってかえっているのをみてて、すぐに使わなくなるだろうなと思ってしまった。そして、結構、でかい。捨てるに捨てられない。

昨年あたりから、これまたよく訴求されているサーキュレーターなる商品。扇風機となんら変わらない。羽がふたつあったり三つあったりするけど基本的には扇風機。ふつうの扇風機が2,000円を下回る価格で販売されるなか、ほとんど同じ機能なのに、サーキュレーターというと軽く10,000円を超える価格設定ができる。クーラー入れて、扇風機を使えばいいだけの話。これもいずれ粗大ゴミ。

健康維持のめの器具は毎年、品を変えて登場してくるが定着したものはほとんどなし。あれもその都度、ゴミを作っている。

「そうめん流し機」と称して、電動でぐるりんぐるん水を回遊させる商品がある。冷たい水とそうめんの組み合わせで家庭での食事で、風流を楽しみ、会話もはずむといううたい文句。実際に使ってみてください。水を冷やそうとして入れた氷が周りのプラスチックにあたって、なんともいえないまぬけな音がします。おまけに、ポンプを回すモーターの音とあいまって、風流さなどどこにもない。きっと一回使ってそのまま粗大ゴミ。

キャンプでの野趣あふれる料理にと数年前に流行らせようとしたダッヂオーブン。シーズニングの大切さも喚起しないで、形だけでもかっこよさそうだから売ろうとする。なので、初心者が形から入り、結局一回だけ使って、すぐ錆びて、キャンプから帰って片付けられることもなく軒下で錆びだらけになってしまう粗大ゴミ。まあ最近はステンレスのものが出てきたようですが。

みんな、もっと考えましょうよ。消費文化だけじゃだめですよ。地球との共存。大げさな話ですが、手元でも考えられることですよね。

« ASKのホームページ | トップページ | キャンピングカーのマナー »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「町田の独り言」でコメントをいただいた町田です。
こんにちわ。
matsumotoさんのブログ「小言 誰にというわけではないのですが」を読ませていただいて、大いに共感するものを感じました。
ホームセンター、100円ショップなどを覗いてみると、確かに一見便利そうに思えながら、少し想像力を働かせてみると、結局はゴミになりそうに思える商品が数多く出回っておりますね。
でも、一見便利そうな商品は次から次へと生まれてきます。

市場拡大が企業にとっても、個人にとっても幸せを保証してくれた時代なら、それでよかったのでしょうけれど、matsumotoさんがご指摘されているように、地球との共存がテーマとなる時代には、やはり無分別な商品企画は、是正されなければいけないように思います。

よいご指摘だな、と感心しながら拝読させていただきました。

ごもっともですね!  身にしみます。

約30年に渡るキャンプ用品・無線用品・自動車用品etcが約8畳の倉庫に眠っています。
もったいなく捨てることができナインです。

メンバーには別名 『秘宝館 館長』と呼ばれてます。
秘宝館=がらくた品ですよ  ^^!

町田さん、りょうさん、コメントありがとうございます。

100円ショップって、「100円でこんなものが買える」的なエンターテイメイトになっている部分もありますね。もちろん、全部が全部ではなく、生活必需品が安く買える部分で指示されている部分もあるので世の中的には支持されていますよね。

キャンプ用品関係、私もかなり無駄なものを買いました。そして、捨てるに捨てられない状態。よくわかります。キャンプいっても、安いマングローブ炭を使っているときにホントにこんなに安く作って、使ってしまっていいんだろうかと考えてしまう事もあります。

どこかの自動車メーカーのCMじゃないですが、我が子のそのまた先の子供の時代にも、きれいな地球であってほしいと思っています。大きな話で恐縮です。

う~ん。冷風扇は昔からあるし、アレにわざわざ氷を入れて・・・というのは、最近の商品でしょうけど、確かに意味ナシな気がします。
ただ、クルクル回る流しソーメンは子供ウケするので、あれはあれで大事に毎年使われている方もたくさんおられますし、ダッチオーブンも私の周りの人は、かなり極めておられるので、粗大ゴミの部類では無いと思います。

私の家はソーメン自体をあまり食べず、夏も冷やしうどんのほうが多いので、あのソーメン流し器は買いませんでした。また、ダッチオーブンも自分はそこまでキャンプが上手くないのでハナから買っていません。
粗大ゴミになるか道具として手元に残るかは、その人次第だと思いますので、買う前に「自分はそれを使いこなせるか?」という想像力を鍛えるほうが大切ではないでしょうか?
それで「使う頻度」と「価値観」が一致すれば、それは粗大ゴミではなく大切な宝物になると思います。

若輩者がエラソーにすみません。(^^;

軽コロさん、コメントありがとうございます。

おっしゃる通りですね。使う頻度と価値観が一致すればいいですね。
売る側もきちんと説明して、ここが一致する人に売る努力をしないと。あそこには無駄なものばかりあるという話になると思います。そうなると、本来、地域の人の生活サポートを掲げているホームセンターの存在価値そのものがなくなってくると思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小言 誰にというわけではないのですが:

« ASKのホームページ | トップページ | キャンピングカーのマナー »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Link mylist